体育・体操のコツなら

交差(クロス)とび

交差(クロス)とび

交差(クロス)とびは、縄を手で交差しながら回してとぶ技です。

 

ここでも、連続前とびができている前提でポイントを書いていきます。

 

交差とびは、いかにバッテンをうまく作るかが大切ですね。
バッテンとは、手をクロスさせた形のことで、交差とびの手の形を想像してもらえるとわかりやすいと思います。

 

そんな交差(クロス)とびのポイントは、以下3点になります。

バッテンの練習

 

まずは交差とびをするために、バッテンを練習しましょう。
最初は一回ずつとぶことが目標です。

 

そして、なるべくゆっくりと行うことが大事です。

 

大切なのは、とぶことではなく、バッテンをうまく作ること。

 

回数は気にせず、まずは一回を完璧にできるようにしましょう。

バッテンはへその下で作る

これが一番のポイントです。

 

おへそよりも下でバッテンを作るようにすると、
とびやすいバッテンを作ることができます。

 

とべない人の多くはこれができず、とびづらいバッテンにしてしまっているんですね。

手首で回す

 

これは、二重とびに繋がるコツでもあります。

 

交差とびは手首の使い方が大切な跳び方でもあるので、
手首をうまく使えるようにしましょう。

 

そもそもの手首の回しができていない場合は、
できる人が手首を触って、回し方を体で教えてあげるのが早いです。

 

もしくは、縄跳びを片手にだけ持って、その縄を手首で回す練習も効果的です。

 

回すタイミングがわからない人の場合は、
とぶときに、
「たん、くるん、たん、くるん」と、リズムを口で言ってあげるのもわかりやすいですね。


まとめ

 

交差とびは、バッテンをうまく作ること、そのバッテンを手首でしっかり回すことが大切です。
順番的にはバッテンを覚えてから手首で回すようになるので、まずはバッテンから練習しましょう。

 

前とびや後ろとびに比べて複雑な動きになるため、この技に苦戦する人も多いです。
しかし、慌てずに順序良く練習すれば覚えるのはそんなに難しい技でもありません。
楽しみながら是非覚えていってくださいね。

 

 

体育の家庭教師の依頼はこちらから


ホーム RSS購読 サイトマップ