体育・体操のコツなら

だるま回り

だるま回りのコツ

 

 

 

画像付きの詳しい解説はこちら→【鉄棒】だるま回りのコツとは?【うまくできる】

 

 

だるま回りは、鉄棒ごと体を抱え込んでぐるぐると回る技です。

 

前回りを連続でやっているような印象の技ですが、前回りと違う点は回っている最中は鉄棒を握らないということです。
そのため、抱え込んで回ることが大切になります。

 

また、勢いがないと連続では回れないため、難しい技でもあります。

 

そんなだるま回りのコツは3点あります。
以下でどんなコツがあるのか、見てみましょう。

 

勢いをつける

 

だるま回りは、前方への勢いで回り続ける技です。
そのため、勢いがとても大事だと言えますね。

 

この勢いのつけ方には色々ありますので、私の動画を見て動きを確認すると良いかもしれません。

 

とびあがってからのだるま回りは、私個人としては正直やりづらかったです。

 

ただ、体育は人それぞれによってやりやすい形は変わります。
そのため、まずは色々試してみるといいですね。

 

大前提として、どんな動きにせよ、勢いをつけるようにしましょう。

 

ひざを曲げる

 

つけた勢いを活かすためにも、ひざを曲げてさらに勢いを増やしましょう。
足は重いため、ひざを曲げることでその足の重みを勢いに利用できます。

 

また、体も丸まった方が回転はしやすいため、ひざを曲げて丸まりましょう。
この時に、おへそをみるようにするとより回りやすくなる人も多いようです。

 

両手でももの裏を持つ

 

ももの裏を持つことで、抱え込みの姿勢が完成します。

 

鉄棒を一時的に離して持たなくてはならないため、最初はかなり怖いと思います。
しかし、だるま回りは抱え込まなくてははじまらないため、最初にどこを持つか決めておきましょう。

 

ももの裏を持つのがやりづらければ、どこでも構いません。

 

決まった答えはありませんので、自分のやりやすい形を探していきましょう。

 

まとめ

 

 

だるま回りは勢いと抱え込みが大事な技です。

 

また、体を丸めるという特殊な動作も入るため、人によってやりやすい形は前回りなどの他の単純な技に比べて異なります。
何度も言いますが、自分にあった形を探すことが習得への近道ですので、挑戦を繰り返しながら見つけるといいですね。
応援してます。

 

体育の無料相談や体育の家庭教師、お得な定期教室申し込みは↓こちらからどうぞ!

 

LINE@はこちら→https://line.me/R/ti/p/%40omu5264t
メールはこちら→taikuma.net@gmail.com
(LINE@の方が返信は速いです。)

 

必ず24時間以内に返信します。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ