体育・体操のコツなら

前とび

前とびのコツ

前とびは、なわとびで一番最初に練習する技で、
最も大切な技です。

 

前とびが上手くできないと、他の技も上手にとぶことはできません。

 

前とびのポイントは以下3点になります。

 

なわは肩で回す

 

よく、手首で回すと誤解している人がいます。
手首で回すと言うのは、子どもに教えてはダメです。
と言うのも、子どもの場合、手首をうまく使うことがとても難しいため、上手く回せず、そこで躓いてしまうからです。

 

そのため、子どもの場合は、肩で回すように意識してください。
肩を回すように、大きくなわとびを回します。

 

あやとびと交差とびで手首で回すコツを覚えるので、それまでは肩で回すようにしましょう。

 

なわとびを見る

 

前とびで引っかかる人の多くが、なわとびをよく見ていません。
正確には、なわとびを見るというよりは、足元をよく見ましょう。

 

ひっかからないように跳ぶことが大切です。
そのため、なわとびをよく見て、ひっかからないように跳びましょう。

 

 

ジャンプは足を揃える

 

跳ぶときは足を揃えましょう。
いわゆる、「グージャンプ」というジャンプがなわに引っかかりづらいのでおすすめです。

 

 


まとめ

 

 

前とびは基礎中の基礎になりますので、まずはこの前とびを完璧に跳べるように練習しましょう。

 

大切なのは慌てず、ゆっくり行うことです。

 

まずは引っかからないことを目標にがんばってみてくださいね。

 

 

体育の家庭教師の依頼はこちらから


ホーム RSS購読 サイトマップ